研究助成2021年度 第2回研究助成

研究助成

2021年度 第2回研究助成

候補者募集要綱

  1. 助成対象分野
    活力ある社会の実現を目的とする、幅広い分野の課題解決に資する科学技術に関する研究であって、次の各号に掲げるものとします。
    1. 組込みシステムに関する研究
    2. AI技術に関する研究
    3. 画像技術に関する研究
    4. 上記に関連する技術に関する研究
  2. 応募資格
    1. 日本国内の大学、各種研究機関に属する個人またはグループで、推薦者の推薦があるもの。
    2. 推薦者は、所属する大学、各種研究機関の代表者・学部長・研究所長、またはそれに準ずる方とし、所定の推薦書に必要事項を記載の上、当財団に提出するものとします。ただし、大学院生はこれに加え、指導教員の推薦も必須とします。
    3. 公正な選考のため、選考委員の近親者(三親等内の親族)は応募資格を有しないものとします。
  3. 助成金額及び件数
    1件50万円から100万円とし、助成件数4〜6件、総額400万円以内
  4. 研究期間
    2022年4月1日~2023年3月31日までの1年間
  5. 募集期間
    2021年8月1日〜2021年10月31日(必着)
  6. 選考の流れ
    1. 選考日程
      • 募集期間:2021年8月1日~10月31日
      • 助成対象者発表:2021年12月下旬
      • 助成金贈呈式:2022年1月下旬
      • 助成金支給:2022年3月末まで
    2. 助成対象者及び助成金額は、提出された研究助成申請書により、当財団の選考委員会において厳正に審査のうえ、当財団の理事会にて決定します。
    3. 選考の結果を当財団より通知いたします。また、採択した研究課題名、申請者名等を当ホームページに公開します。
    4. 助成金は、助成金贈呈式の後、大学、各種研究機関等の指定の金融機関口座への振込により支払います。
  7. 研究実績の概要報告及び会計報告
    助成対象者は、研究終了後3か月以内に、所定の様式により、研究実績の概要報告、及び、会計報告を行うものとします。
  8. 研究成果の提出及び公表
    助成対象者は、研究終了後1年以内にその研究成果(論文等)を当財団に提出するものとします。当財団は、ホームページ、機関誌等を通じて、助成対象者名、研究内容等を公表します。
  9. 助成金の使途・管理
    研究助成金の使途は、研究助成申請書の趣旨の範囲内で、所属する大学、各種研究機関が定める規程等に従うものとします。
  10. 助成金の返還
    交付された助成金は、研究の成功・不成功に係わらず、その返還を求めないものとします。ただし、申請書にしたがった研究を行わず、助成金の不正使用または不正受給を行った場合、研究助成金の一部または全部の返還を求めることがあります。
  11. 応募書類
    1. 研究助成 申請書
    2. 研究助成 候補者推薦書
    3. 研究助成 候補者推薦書(大学院生応募用)<大学院生のみ必須>
  12. 応募書類、及び、問い合わせ先
    応募書類は、必要書類を確認の上、紙媒体にて、下記の宛先へ日本郵便レターパックによりお送りください。採択・不採択に関わらず、応募書類はお返しできませんのでご了承ください。なお、申請書類は研究助成の選考以外の目的には使用いたしません。
公益財団法人 萩原学術振興財団 事務局(担当:小宮)
〒461-0005 名古屋市東区東桜二丁目2番1号 高岳パークビル
TEL:052-931-1661

ご不明な点などがございましたらお問い合わせください。


pagetop