創造し、挑戦する科学技術研究者への継続的な支援プロジェクト――これは、萩原学術振興財団が掲げる大きな柱です。当財団は2019年7⽉に、萩原電気ホールディングス株式会社の名誉会⻑である萩原義昭が、私財を投入することにより設⽴されました。さまざまな分野で科学技術開発に取り組んでいる研究機関、研究者、技術者を対象に、資金面や情報提供、活動支援など幅広いサポートを行い、研究成果を社会に生かすための研究助成事業を展開します。萩原電気の創業者、萩原忠⾂が終生掲げた理念である「創造と挑戦」を継承し、21世紀の科学技術研究者を支援していきます。

想像と挑戦
pagetop